Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
バッハ:リュート組曲
バッハ:リュート組曲 (JUGEMレビュー »)
ミュラー(マイコ), バッハ
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スナップエンドウが美味しい! その1
0
    旬の素材を使うレシピは、素材が出回っているうちに出さねば(^_^;)
    ・・・というワケで:

    鶏肉とスナップエンドウのマカロニ・サラダ




    オススメ材料:
    お馴染み、マコーミックのフレンチ・ドレッシング 

     セルフィーユ軽井沢のハーブ・ソルト

    ↑これは頂いたものなので、どこで手に入るのやら???
    HPでも見つからないので、どうしても欲しい方はHPのフリーダイアルで。
    材料(2人分):
    ショート・パスタ(サラダ用マカロニなど) 30〜40g
    鶏肉入り野菜ダシで茹でた鶏胸肉を手で裂いたもの 胸肉1枚の半分か1/3くらい
    スナップエンドウ 半パック(8〜10本) 
    セロリ 10cm くらい
    トマト 半分(チェリートマトでも)
    市販のフレンチ・ドレッシング、マヨネーズ、トマトケチャップ 適宜



    マカロニをパッケージの指示どおりにゆでます(塩加減をキチンと)。
    ザルにあけて熱いうちにフレンチ・ドレッシングをかけて、あえます。

    次に筋を取ったスナップエンドウを塩少々を加えた湯でゆでます。
    これもザルに取ってフレンチ・ドレッシングであえますが、熱いまま、
    ドレッシングをかけたほうが味が良くしみるので、水に取ったり、
    水をかけたりしません。。。ので、余熱でエンドウが軟らかくなる分を
    計算して、ちょっと硬めにゆでてください。といってもスナップエンドウは
    「あっ、ちょっと茹ですぎたかな?」と思ってもシャキシャキ感は
    残りますから、あまり神経質にならずに(笑)。2分半くらいですかね?
    中の若い豆が生だったらお腹こわしちゃいますから気をつけて。。。

    面倒くさがり屋さんはパスタとスナップエンドウを時間差で、一緒に
    茹でてしまってもいいですが、スナップエンドウが、品物によって
    軟らかい時と硬い時があるので、私は別にやってます。ゆで具合を見る時に
    慌てて手を火傷するとイヤだから、という軟弱な理由です・・・m(__)m
    ゆでる時の塩加減も本当は違うほうが2つの素材、美味しく加熱できるし。


    次にセロリの筋を取って薄切りにし(←縦でも輪切りでも)塩少々をふり、
    しんなりするまで、しばらく置きます。

    トマトは種を除いて2〜3cm角に切ります。(皮が嫌いなら、むいて。)

    セロリの水分を手でしぼって、鶏肉(1切れ食べてみて、味がなければ
    軽く塩・胡椒する)と、冷めたマカロニとスナップエンドウと混ぜ、マヨネーズ
    大さじ3にトマトケチャップ小さじ1くらい(隠し味)を混ぜたものであえていきます。
    全体に行きわたらないようならマヨネーズを少しずつ加えていき、
    最後にトマトを加え、ザッと混ぜて、塩・胡椒少々で味を整えます。

    おもてなしなどの時はゆで卵を作って、白身の部分はマカロニより少し
    小ぶりになるような縦長の薄切りにして、具に加え、黄身の部分を
    裏ごしして、盛り付けの時に上からかけると、見栄えも良くなります(^^)
    その時は、薄切りにして冷水にさらした玉ネギ少々を加えたほうが、
    味のバランスが良くなるかもしれません。

    ですので、マヨネーズの量は臨機応変に。。。
    下味のフレンチ・ドレッシングをカロリー控えめのものにしても味は大丈夫(^^) 
    個人的にはマコーミック社のがシンプルな味なのでオススメです(^^)

    鶏肉に塩・胡椒する時に、私は写真のハーブ・ソルトを使いますが、普通の
    お塩&胡椒でもOK。鶏肉の繊維の部分にドンドン染み込んでいきますから
    ごくごく控え目に、お塩してくださいネ(^_-)
    posted by: koccomu | お料理 | 19:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://clavier.koccomu.jp/trackback/847421
    トラックバック