Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
バッハ:リュート組曲
バッハ:リュート組曲 (JUGEMレビュー »)
ミュラー(マイコ), バッハ
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
リクエストにお答えして・・・
0
      どう?!すごいでしょ!
    本格ビーフシチュー!な〜んて、これはプロに作ってもらったんだよ〜ン(^_^;)


    前回、音楽についての記事を書いたつもりが、皆、お料理に反応して
    (ウチの母まで「スゴイ〜!」とか感動してるし。ヘンな親だナ・・・笑)
    レシピ載せてよぉ! と、直に連絡下さるので、それでは・・・!

    と思ったけれど、さて困った。。。
    いつもテキトー(即興演奏みたい)なので、じ、じ、じ、実は、
    「美味しい!大成功!」という結果が出ても、同じものは作れない〜(-_-;)

    でも、それなりの理由があるのです。。。
    野菜だって、それぞれ硬さや甘みなど、産地、季節などで違うし、
    お肉、お魚の類は、まぁ味に関しては値段に比例したりしますが
    元は動物ですから、個体差がありますしねぇ。。。

    えーっ?! そんなにコダワってるのー?!
    と、驚きました???・・・違いますよ(笑)!
    お買い得品、タイムサービスetc. の言葉に弱いので、
    戦利品は、同じ部位の肉だったり、同じ魚だったりしても
    前回いただいた豚サンや牛サン、アジ君やキンメ君の体質が
    異なりまして、よって、扱いも変わるンですよ〜。(受身な料理人・・・)
    なので、調理時間、調味料の分量とかは常に状況判断によるのです。。。

    そういうビンボー人は使える部分は、勿論、捨てないわけで
    では、まずブイヨンの取り方からですね。
    至って簡単ですが、これが結構ミソだったりします。

    (この先は、食べるほうが専門の方はパスしてね。ごめんねぇ(^_-)・・・)

    「マイコ流・洋風万能ダシ(ビンボー野菜ダシ)」

    他のお料理をする時に、普通は生ゴミで捨ててしまう部分:
    長ネギの青い部分、ニンジンの皮、玉ネギの芯とか周りの硬い皮、
    セロリの葉や食べられないスジの部分(←これ、ケッコウ重要アイテム
    パセリの軸(冷蔵庫でしなびちゃってたりしたら丸ごと入れても)etc.

    こういった野菜クズを普段からポリ袋にためて冷蔵庫に入れておきます。
    勿論、あるもの2〜3種類だけでも構いません。

    料理苦手な方へ:ジャガイモの皮とか大根の皮とか青菜とか入れるなヨ!

    大きめのお鍋で水を沸騰させて、洗った野菜クズをコトコト20分ほど煮て
    あとザルなどで濾すだけ。一度に使わなければ、余った分は飲み物用の
    キーパーなどに入れて冷蔵庫で保管しておくと便利です。
    塩分がないので非常にイタみやすいですから夏場は特に気をつけて下さい。
    冷凍もできますが、もともとは生ゴミになる部分ですし、常にあるもので
    簡単にできるわけですから、2日程使わなかったら私は捨ててしまうかな。

    市販のルーでカレーやハッシュドビーフなど作る時に‘水’の代わりに
    この野菜ダシを入れるだけでワンランク上の味になりますヨ!

    洋風の料理に使うことがわかっているならローリエも一緒に煮たり
    和風のロールキャベツなどの時は一番ダシをとった後の昆布をいれたり
    鶏の胸肉、もも肉などをドドンと一緒に入れて、煮立ったらアクをすくい
    固形スープを少し(味付けではないので、ほんのり薄く味する程度)入れて
    煮込むと、リゾットや手作りカレー、ポタージュスープ、ピラフなどに
    大活躍します。後でサフランを入れれば本格地中海料理だってイケます(^^)
    ゆで上がった鶏肉も手で裂いて、スープと一緒に中華麺で鶏そばにもなるし
    サラダにも使えるし、辛子醤油と白髪ネギでそのままオカズにもなるし、
    鶏の皮をビーッと剥がしてフライパンでカリカリに炙ると
    酒呑みは泣いて喜びます(笑)。

    で、今まで(少ししか載せてないけど)写真で紹介したお料理には
    全て、この‘ビンボー野菜ダシ’が使われているのでした(^^)

    少しずつレシピ(一番上手く出来た時の手順を思い出して)紹介しますね!

    posted by: koccomu | お料理 | 13:15 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2012/10/25 4:09 AM |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2012/10/31 10:25 PM |









    この記事のトラックバックURL
    http://clavier.koccomu.jp/trackback/826467
    トラックバック