Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
バッハ:リュート組曲
バッハ:リュート組曲 (JUGEMレビュー »)
ミュラー(マイコ), バッハ
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
バッハの食事って・・・。
0
    またまた、ご無沙汰いたしました。

    梅雨入りですね。日があまり当たらないところのアジサイは
    まだ、こんな。。。かわいい。。。


    ちょっと暇になると(娯楽として)本ばかり読んでしまう・・・って
    なかなか抜けられなかったりして・・・

    つまんなかった、買って損したって本も多いのですが、

    電車に乗る前に、「あ、しまった、読むものがない。」と
    そこいらで平積みになってる新書、「なんでもいいや、あ、これ。」と
    時間潰しに買った、この本↓

     ISBN978-4-413-04238-3

    読み出すと、なんだか栄養学的な専門用語が多くて
    ダイエットとかサプリとかに、普段それほど興味のない私は

    ??????

    理科のお勉強みたいで、気合い入れて教科書みたいに読めば
    解かるんだろうけど、“聞いたことある”って程度のカタカナは
    斜めに読んでいってしまう、、、う〜、疲れるな〜、

    どのアミノ酸がどーのこーの、よりも、何をどういう風にして食え!
    って具体的に書いてよ〜ん・・・なんて思いながら読んでると

    要するに言いたいことは、

    現代人(特に若者世代)は現代の食習慣のために脳が栄養不足、
    心は脳と直結しているから、脳の栄養が足りなければ心の病いになる、
    結果、キレやすかったり、引き篭もったり、やる気が出ない、など、

    それを日本では、うつ病という精神の疾患と診断してしまうのだ、、、とな。

    で、私が本の途中から、あれれ、面白いゾ!・・・と思ったのは

    著者が言うには、脳への栄養、それはまずタンパク質、
    それも動物性タンパク質がいいと(大豆とかの植物性よりも)。

    そして、私が(専門外のことなので)覚える気がしない
    さまざまなアミノ酸や栄養素。

    それから、体(とか血液)にゆっくりと吸収される糖質(デンプン質)。

    ・・・みたいなことで、例えば肉を食べろ〜!レバーはいいぞ〜!
    白米はあまりおススメできん〜!玄米を食べろ〜!
    パンならライ麦パンがえ〜ぞ〜!背の青い魚の油もおススメ〜!
    動物性タンパク質は生に近いほど吸収されるぞ〜!

    というのが、まぁ具体的なこととしてあげてあるんだけど・・・

    ん??? これって、ドイツの食事じゃん。。。

    ドイツ料理って別に近代になってからのものなんてなくて、

    肉ばっか・・・。

    パンといえば黒パン(ライ麦入りの茶色いのから真っ黒なのまで)。

    魚っていったら“酢漬けニシン”くらい。。。
    それにサワークリームだからカルシウムも乳タンパクもバッチリ?

    チーズも栄養価高いしな〜。

    バッハのいた当時のザクセン地方なんて、もろ、ドイツ食でしょ。
    タルタルステーキ(ユッケのドイツ版)なんて、いや〜、脳にいいのね。

    私がいたころは生ものはサルモネラ菌がコワいとかで食べられなかったけど

    そっか、、、昔ながらのドイツ食は、やる気も集中力もパワーも出るのか!

    ・・・と、留学当初はウンザリだったドイツの食生活を思い出しました。

    黒パンの中にもヒマワリの種とかカボチャの種とか入ってるのがあって
    ミネラル沢山取れてたんだな〜。ただ興味で食べてたけど。


    バッハが現代の人だったら、きっとメタボだとか診断されて
    食習慣を変えちゃって・・・そしたら、あんな莫大な数の名作は無かった?

    ドイツ人の一般家庭の食事なら、よ〜く知ってるけど
    それが持ついい面は知らなかったなぁ!

    その食生活で、頭や体を使ったり、クリエイティヴなことしない、となれば
    ただのメタボ(=デブ)が生まれるだけだけど、

    そうなの(かも)ね・・・!バッハの脳の栄養とドイツの食習慣!

    でもな〜、昼間、たらふく肉中心で、夜は薄切りの黒パンと
    チーズとハム・ソーセージだけ(要するに夜は温かいもの食べない)ってのは
    日本にいてまで、したくないな〜(笑)。

    あ、でも、マイコッコの大好きなお蕎麦は、この本の中では
    GI値(よくわからんけど)が低いので良いのだって。

    よし、お蕎麦食べて、肉・魚・卵もよく食べて、バッハの勉強しよう。

    (太っちゃったりして・・・笑!)






    posted by: koccomu | いろんな事 | 22:36 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    へぇぇぇぇ〜!!
    ドイツの食事は脳にいいんですね〜!!
    ドイツ風の食生活に切り替えたらバッハの暗譜もはかどるかな?
    | Kaori ♪ | 2009/06/18 7:54 AM |
    Kaori♪ちゃん

    レス遅くなってごめんなさ〜い!
    ちょっとこのところPCが見たり打ったりがつらくて。
    (もう元気だけど)

    バッハの暗譜も難儀だけど、あの音楽表現や構成って、
    タンパク質、脂肪過多、、、って感じしない(笑)?
    そしてミネラルもたっぷり〜、で、栄養価の塊?

    こんなに凝縮されてちゃ確かに暗譜も大変だわね(笑)。
    | koccomu | 2009/06/23 1:10 PM |









    この記事のトラックバックURL
    http://clavier.koccomu.jp/trackback/1241500
    トラックバック