Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
バッハ:リュート組曲
バッハ:リュート組曲 (JUGEMレビュー »)
ミュラー(マイコ), バッハ
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
バッハの付点音符
0
    付点の音符って、一応、小学校とかでも読み方、弾き方、習いましたよね。
    付点8分音符と16分音符の組み合わせ、とか、よくありますが。

    バッハ(とか他の同世代の作曲家)の場合は、その、学校で習ったとおりに
    弾くのではなく、何通りかの弾き方の規則があるっ!

    ・・・というのを専門家なのに知らないひとが多すぎる〜(涙)。

    「そんなの、音大でも教えてもらわなかった。」と、嘆かれることあるけど

    私だって教えてもらわなかったわい!

    勉強っていうのは「あれ?なんで知らないんだろう(大変だ!)。」
    と感じて、知りたい、学びたい、という気持ちを実行に移すことでは?
    で、わからないことや疑問が生まれたときに先生という強い味方に
    教えを乞うんではないの?特に専門性の強いものは。。。
    師匠の技をチラ目で盗むとかさ。。。

    本場にいても、この場合はこうですよ、でもこの場合はこうですよ、と
    手取り足取り、講義のように教えてなんてくれないですよ。
    書物に頼ったり、正しいかどうか実践してみたり、頓珍漢なことして
    恥かいたり、いろいろしながら研究していくしかない?
    先生の言うことや、本に書いてあることが100%正しいとも限らないし。

    なんか、こう、、、教育はサービス業みたいな感覚がなぁ(ブチブチ)。

    昔、ヨーロッパで、あの巨匠リヒテルのバッハを生で聴いたとき
    やはり譜面の読み方が成ってなくて(付点、付点)
    専門家たちが
    「あれだけの人に“ホントはそう弾かないんですよ”とは
     誰も言えないだろうからねぇ(笑)。」

    と、笑ってたこと、忘れられないけど、当時私はまだ留学したてで
    「あ、あ、あれじゃホントはダメなのか。」
    と、どこがダメかも分からないまま、青くなったりしましたサ。

    それから何年もたった今では、だいたいのものは見ればわかるように
    なったけれど、それでも、ごくタマに迷ったり、読み方間違えたり。
    そういう時は調べるっきゃないでしょ〜。
    正味演奏時間の中のほんの1秒の箇所だったにしても、
    調べるのに丸1日かかることだってあるし。

    「検索」をクリックでは出てきませんよ〜!
    温泉宿を探すのとは違うのだ〜!

    ゼェゼェ・・・。

    なにを愚痴ってるんですかね(笑)。

    知ってほしいから教えてるんであって、生徒に対しての不満ではない。。。

    間違った演奏法が蔓延っていることに対しての、やりきれなさかなぁ?

    でもリヒテルは好き(←矛盾)。
    あ、訂正: リヒテルのバッハは遠慮します。


    posted by: koccomu | 愚痴・・・! | 12:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://clavier.koccomu.jp/trackback/1173783
    トラックバック