Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
バッハ:リュート組曲
バッハ:リュート組曲 (JUGEMレビュー »)
ミュラー(マイコ), バッハ
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
イタリア協奏曲 トホホの巻 その3
0
    今月14日(日)はイタリア協奏曲・他、カンバロー!・・・なのですが、

    イタリア協奏曲ってピアノで弾くよりもチェンバロ、要するにオリジナルで
    弾くほうが難しいというか、奏者にとっては面倒極まりない、、、

    それは上下鍵盤のマニュアル・チェンジ、上鍵盤と下鍵盤を交互に
    行ったり来たり、というヤツですが、

    どこで上に行く、下に行く、は、バッハがちゃんと書いてくれてるので
    自分で決めなくてもいいのは(ある意味)楽なのですが、
    これが結構、イジワルというかイヤラシイ。。。

    なんて、すみません、バッハ先生は合奏曲に聴こえるように考えて
    書いて指示くださっているのは分かるけれど、忙しすぎる、やりにくすぎる、
    と、特に最初の譜読みの時はチェンバリストは人によっては楽しみ、
    人によってはイラつき、「出来た〜!」と思っても、また感覚が鈍ったり、

    以前、あるピアニストが、私が(遊びで)弾いてるのを近くで見ていて

    「えー?!チェンバロだと、そんな風にして弾かなきゃならないの?
     ヒエーッ!難しそーっ!!」

    と驚いていましたが「えー?難しそうに見えちゃあマズイな。」
    と落ち込み、、、そうになったら「違う!そういう意味じゃなくて!」
    と弁明してました(笑)。わかってますって。言葉も難しいですね(笑)。

    私は譜読みの時、そして今でも、イタリア協奏曲の上下鍵盤チェンジで
    連想してしまうのが、あの、、、なんて言うんでしたっけ、
    赤い旗と白い旗持って、上げたり下げたり、旗上げゲームだっけ?

    アッカ上げてっ! シッロ下げて! シッロ上げないで、アッカ下げナイッ!

    あー!どこまでついていけるか、ひっかからないか、反射神経がー!

    どうしても、このゲームを連想するんですよね〜(不真面目?)。

    近くでご覧になりたい方は是非、14日のコンサートへ、、、(笑)!

    じゃなくて、慣れてくると今度は例えば終楽章の、チャカチャカと
    ただ分散和音でビートを刻む部分とか「つまんねー」とか思ったり
    してしまうのですが、あー、それは間違っている!
    聴いてる人がう〜んと楽しくなるように、音を鳴らしながらも
    時には曲の中で聴く人をリラックスさせてあげる時間も必要でして、、、

    ほんとに音楽って不思議で難しいです。
    (↑↑↑ アカ上げて!なんて、遊んでいる場合ではなーい!) 
    posted by: koccomu | イタリア協奏曲 トホホの巻 | 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://clavier.koccomu.jp/trackback/1116947
    トラックバック