Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
バッハ:リュート組曲
バッハ:リュート組曲 (JUGEMレビュー »)
ミュラー(マイコ), バッハ
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
バッハの付点音符
0
    付点の音符って、一応、小学校とかでも読み方、弾き方、習いましたよね。
    付点8分音符と16分音符の組み合わせ、とか、よくありますが。

    バッハ(とか他の同世代の作曲家)の場合は、その、学校で習ったとおりに
    弾くのではなく、何通りかの弾き方の規則があるっ!

    ・・・というのを専門家なのに知らないひとが多すぎる〜(涙)。

    「そんなの、音大でも教えてもらわなかった。」と、嘆かれることあるけど

    私だって教えてもらわなかったわい!

    勉強っていうのは「あれ?なんで知らないんだろう(大変だ!)。」
    と感じて、知りたい、学びたい、という気持ちを実行に移すことでは?
    で、わからないことや疑問が生まれたときに先生という強い味方に
    教えを乞うんではないの?特に専門性の強いものは。。。
    師匠の技をチラ目で盗むとかさ。。。

    本場にいても、この場合はこうですよ、でもこの場合はこうですよ、と
    手取り足取り、講義のように教えてなんてくれないですよ。
    書物に頼ったり、正しいかどうか実践してみたり、頓珍漢なことして
    恥かいたり、いろいろしながら研究していくしかない?
    先生の言うことや、本に書いてあることが100%正しいとも限らないし。

    なんか、こう、、、教育はサービス業みたいな感覚がなぁ(ブチブチ)。

    昔、ヨーロッパで、あの巨匠リヒテルのバッハを生で聴いたとき
    やはり譜面の読み方が成ってなくて(付点、付点)
    専門家たちが
    「あれだけの人に“ホントはそう弾かないんですよ”とは
     誰も言えないだろうからねぇ(笑)。」

    と、笑ってたこと、忘れられないけど、当時私はまだ留学したてで
    「あ、あ、あれじゃホントはダメなのか。」
    と、どこがダメかも分からないまま、青くなったりしましたサ。

    それから何年もたった今では、だいたいのものは見ればわかるように
    なったけれど、それでも、ごくタマに迷ったり、読み方間違えたり。
    そういう時は調べるっきゃないでしょ〜。
    正味演奏時間の中のほんの1秒の箇所だったにしても、
    調べるのに丸1日かかることだってあるし。

    「検索」をクリックでは出てきませんよ〜!
    温泉宿を探すのとは違うのだ〜!

    ゼェゼェ・・・。

    なにを愚痴ってるんですかね(笑)。

    知ってほしいから教えてるんであって、生徒に対しての不満ではない。。。

    間違った演奏法が蔓延っていることに対しての、やりきれなさかなぁ?

    でもリヒテルは好き(←矛盾)。
    あ、訂正: リヒテルのバッハは遠慮します。


    posted by: koccomu | 愚痴・・・! | 12:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    食べ物の恨み・・・!
    0
      我が家のダイニング・キッチンのエアコンがガス欠で動かなくなりました。
      よりにもよって、この時期にですよ(-_-;)
      業者さんも混みあっていて、来ていただくには1週間〜10日待ちですって。
      悪夢のようなハナシ、、、せめて窓を開けたいのですが、そのためには
      防音ガラス扉を開けて練習スタジオまで開けっ放しにしないと、、、
      そんな怖いことできません。。。(湿度管理ができなくなる上に
      調理なんかしたら湯気や油で楽器がダメになってしまう!!!)

      仕方なく蒸し暑いまま密閉していたらケージの中のワンコが・・・
       あぢぃよぉぉ・・・(Click!)

      仕方ない、ジャーマン・チェンバロの部屋に避難だっ!
      私&2匹のワンコ、避難して作業開始したはいいけれど
      飼い主(私)のエサ(お昼御飯)どーする?

      というわけで、近くのパン屋さん(歩きで2分)に
      少々いい値段だけど美味しいサンドイッチを買いに。

      結構人気の、ヨーロッパ帰りの私でも「日本のパンだって美味しい」と思える店で
      週末などは夕方買いに行っても、ほとんど売り切れていることが多いのですが

      あった、あった、お目当てのサンドイッチ、1パックだけ残ってた、ワーイ(^^)
      と手を伸ばしたら、後ろからムンズと割り込むように手を伸ばし、
      やたら身なりのいいオバサンがその最後の1パックを取ってしまった〜(:_;)

      好きなサンドイッチが食べられないことより
      そのオバハン(オバサンぢゃないヨ、ありゃオバハン!)の行為が不愉快!

      むぅ〜っと顔に出ないようにしながら、仕方なく別の調理パンを取って
      会計のためにトレー片手にオバハンの後ろに並んだ私、、、
      やっぱり、その女性のことをシゲシゲ観察してしまう、、、
      持ち物いいのに、さっきの行動はいったい???・・・一瞬目が合ってしまった!

      きっと私が彼女のぶら下げているブランド品の数々を羨望の眼差しで拝んでいる
      とでも思ってるのだろう・・・嗚呼・・・得意気にバッグ持ち替えるなヨ、
      持ち替えなくてもエルメスだってわかるって(^_^;)
      それよか「やっぱり甘いのが食べたくなっちゃったワ」と、
      そこに並んでるアンパンとトレーのサンドイッチを交換しないかな〜(^_^;)

      ・・・というわけで、ヒガミっぽいビンボーな音楽家は
      ワンコと戯れながらピロシキをかじり、再稼動したのでした。。。
      (普段は真夏のオウチ仕事の日は‘お素麺’とか‘ざるうどん’でお昼済ませるのに
      お台所使えないとなると・・・。)

      がしかし、、、意外な展開、、、このピロシキ、すごく美味しかったのです!!!

      これはチェックしておかなければ!(^^)!

      成金のオバチャン、ありがと(^^)!
      (↑↑↑憎しみこもってるな〜・・・爆!)
      posted by: koccomu | 愚痴・・・! | 16:12 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
      個性的なバッハ???
      0

        (リハーサル中)なんか流れが変だな〜。

        ここのところ、、、というか学生時代から、どうも解せないことがありまして

        ピアニストのモーツァルトの解釈などに関しては、モーツァルトらしく、
        自然に、かつ上品に流れていれば、すンごく持てはやされて
        (・・・って勿論、そういう風に弾くのが本来すンごく難しいからですけど)
        「これくらいは別にいいんじゃないの?」と思える程度の反則??は
        評論の場で、ぶったたかれる(キャ〜!)ことが少なくないのに

        バッハの解釈だと、なんというか、型破り??的なのが良いみたいに・・・

        私がドイツで師事したチェンバロの先生2人のバッハ解釈が両極端だったため
        (1人は純正統派、もう1人は過激派??いわゆる型破りを好むタイプ)
        余計に、それを感じるのですが、
        (日本語読めないからって、いいのかな?こんなこと書いて・・・)
        型破り派の先生に、私のやりたくないことを「やれ!」と言われた時、
        思わず「せせ先生、な、何かバッハに個人的恨みでも〜?」 と心の中で
        つぶやいてしまったほど、、、バッハの音楽は‘型’が1つの重要な要素
        ですから、その‘型’を掘り下げ、探っていくのでなく、わざわざ破るのは
        ・・・・・個人的恨み???・・・・なんて(笑)。

        なんで、こんなことブツブツ言い出したかと申しますと
        バッハの曲を勉強していて私が難しいと感じるのは
        難解な部分、技術的に面倒な部分、意味深な部分など、いろいろあっても
        最終的には音楽が自然に流れるように作業することなので〜、

        そういった意味では、グールドのバッハなどは‘個性的’ではありますが
        流れは自然なので、「イイナ!」と思うことも多いのですが

        不自然なバッハはイヤンッ!・・・個性があるのと不自然なのはチガ〜ウ!

        ・・・と、叫びたくなり。でもバッハの場合、‘自然’=‘表現力がない’
        ・・・と言われてしまうのぉ???私のバッハは自然?不自然???

        ・・・と頭がコンガラガって、自信なくなって来たサナカに

        実は昨日、バッハ・ファンなら知らないワケがない
        「主よ、人の望みの喜びよ」 をチェンバロ用に編曲しなおしていて
        この曲の‘常識破り版’て、どんな風になるのかなぁ?・・・と
        こんな??? それとも、こんな??? 
        と、1人でオーバーアクション・パフォーマンスしてたら(危な〜)
        自分でオカシクなって、吹き出してしまい。。。

        私はバッハはバロック音楽である以上やはり有機がいいな、、、と。

        で、いたって清楚に聴こえるモーツァルトの音楽の中には
        デモーニッシュ(悪魔的)な要素が秘められていると言われるように

        バッハの音楽の自然な流れの中には後世の作曲家たちが精魂込めて描いたような
        すっっっごいドラマが秘められている、と感じるのです。

        秘められてるンだから、秘めるほうが好き。
        別に、‘丸出し’にしなくても、、、って感じ(^_^;)、、、かな。。。
        posted by: koccomu | 愚痴・・・! | 19:51 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |