Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
バッハ:リュート組曲
バッハ:リュート組曲 (JUGEMレビュー »)
ミュラー(マイコ), バッハ
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ラウテンクラヴィーアのCD、来年3月発売決定!
0
    ・・・と申しましても、アーティストはワタクシではございません。

    私は今回、ディレクターを務めさせていただきました。
    やっと編集作業(エンジニアいじめ)も一段落。

    奏者自らの復元による楽器でのCDなんて・・・。凄すぎる・・・。

    (今更ながら、私なんかがディレクションやって良かったのでしょうか。)


    山田 貢氏のヴァイスとバッハのリュート曲に、乞うご期待!

    3月25日 ライヴノーツより全国主要レコード店にて発売でーす





    おふざけはイケナイと、わかっていながら、えーん、やりたいよ〜。










    やっちゃえ!











    やっちゃった(笑)。

    山田氏の愛犬アンナ・マグダレーナとラウテンクラヴィーアでーす。
    (録音セッション直後のもの)

    画像処理で作ってもらいました〜。
    ホントは私がビーグルちゃんを抱いてるんです。
    (しかしレコーディングに犬連れてくる先生って・・・笑。)

    遊んでないで練習しなさいって? はーい。
    posted by: koccomu | リリース情報 | 06:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コンサート・チラシの裏面
    0
      おお!刷り増ししたチラシの裏にCDの宣伝が。ありがたし〜。


      私:「でも、コレ、やだな。。。」

      スタッフ:「なぜ?なにか・・・???」

      私:「クリスマスプレゼントに、って、私、コレもらっても嬉しくないもん。」

      スタッフ:「・・・・・・うーん。。。」(次の瞬間・・・ゲラゲラ!)


      冗談ですよ!冗談!感謝してます!!!変なコト言ってゴメ〜ン!
      サービスで作業してくださったのにね〜。私、ヒドイ。

      (ホントにクリスマスに自分がスタッフから、もらっちゃいそう・・・汗)
      posted by: koccomu | リリース情報 | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      やっちゃった???(表記ミス)
      0


        今度の新譜、冒頭のライナーは山田 貢氏が書いてくださったこともあり、
        山田先生と先生の奥様、そして私の3人で最終校正までしたのに・・・、

        あらら〜ん!見落としました、、、というか間違いではないので
        誰も気づかなかったのですが、収録曲の中の「6つのプレリュード」
        「6つのプレリュード」 6 Little Preludes が、より正しい表記だったのです。。。
        (私の書いた曲目解説では、そのようになっていますが。)

        マズイ!やっちゃった!・・・と思い、同じ曲のレオンハルトのCDの
        ブックレットを開いてみたら、「プレリュード」のみでしたね。ほっ(^^)!

        曲目の表記って以外に面倒です。
        大概はレーベルがタタキ台に打ってきたものを校正するのですが
        (英語と独語、仏語などが混じらないようになど)
        日本語表記も、どれが正しい、、、ということになっているのやら???

        それをいうなら、今回のCDの中の「イタリア協奏曲」だって
        専門的には「イタリア協奏曲」と訳すべき!・・・と随分前から
        言われているのですが、定着してしまったものはナカナカねぇ。。。
        (というのは、この曲、イタリアの趣のあるドイツ的楽曲でありますから)

        まぁ、BWV(バッハの作品整理番号)が違っていなければ
        曲集としての分類、表記の仕方は(特にこの小プレリュードの数々に関しては)
        様々ですので、ご了承のほどを・・・(^_^;)
        posted by: koccomu | リリース情報 | 19:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        新譜が出ます(^^)
        0
          お待たせしました(って誰も待ってないってば)。
          今月25日にバッハのシリーズ第4巻が発売になりまーす!


          J.S.バッハ
          ♪平均律曲集第1巻より 第1番ハ長調、第2番ハ短調、第7番変ホ長調
          ♪イタリア協奏曲 ヘ長調
          ♪パルティータ第2番 ハ短調
          ♪6つの小プレリュード

          来週、山口県山口市でのコンサートでは発売日前に先行販売&サイン会が
          行われますが、山口県民の方だけでは不公平???なので
          このブログの読者の方にも、先行販売いたします(^^)

          消費税・送料はサービス¥2,500
          (発売日以降は通販サイトでのお取り扱いとなりますので送料がかかります。)

          ご希望の方には演奏者(私)のサインと、、、
          ↓更にご希望の方にはダックス君のイラスト付きで(^_^;)

          (「希望」ってお書きにならなければ描きませんからご安心を・・・笑)

          オフィシャルサイトのメール・アドレスに、お名前、お所を明記の上
          お申し込み下さい。発送は7月15日以降となります(^.^)/~~~

                                     マイコ(・e・)
          posted by: koccomu | リリース情報 | 20:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          難曲・・・!
          0
            そろそろ自分の演奏の録音のチェックも終わりにして
            ホッと一息つきたいところ・・・。人の演奏でも自分の演奏でも
            理想を言い出せばキリがありませんから(^_^;)

            今度のアルバムに「6つの小プレリュード」というのが入るのですが
            ドイツ語の正式タイトルでは「鍵盤の初心者ための6つの小プレリュード」
            となっていまして・・・



            なにかの楽器を弾かれる方は、楽譜をご覧になっても
            「あ、ホントだ、易しそう。」と思われるであろう
            至ってシンプルな譜面ヅラ・・・、ところがドッコイ!
            「なんて難しいんだーっっ!」と、発狂するかと思うくらい、
            練習している頃、苦労したのを思い出しました。

            そりゃ、子供だって弾けるでしょうよ。。。音にするだけなら。。。
            でも、聴かせる目的で・・・となったら、これ、難曲ですよぉ!
            なにしろ、無駄なものが一切ないのですから
            スッピンで美人コンテストに出るようなもの???

            同業として大先輩であるバッハの研究者に

            「これのどこが‘フュア アンフェンガー’
            (初心者のための)なんですかーっっ!!!」


            と、大声で泣き言を言ってしまいましたよ。そしたら

            「そうですよ、これはプロの演奏家が
             自分が未だ初心者だと思い知らされる曲なんですよ。」


            と、すんなり言われてしまったトホホな思い出がある短い6曲。
            バッハは永遠に侮れない(-_-;) でも、今では大好きな曲!
            時々アンコールなどでも抜粋で弾いてます(^^)

            アルバムの中では、きっと目立たないオマケ的存在となりそうですが、
            このブログを見てくださる方にだけの裏話(^_-)でした。

                                        マイコ(・e・)


            posted by: koccomu | リリース情報 | 12:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            曲目解説を書くのって・・・。
            0
              自分のワンコの写真が保存版のカタログに載った〜、なんて
              喜んでる場合ではなく、次のCDのブックレットの文章など、
              そろそろ手がけ始めなくてはならないことになりました。

              エンジニア様より、録りっぱなしの音源が届いてしまったのです(^_^;)
              このCDは、どんなジャケットになるのかなぁ・・・というのが
              実は唯一の楽しみだったりして(笑)。
              だって、お店などで、買わない人の目にも触れるわけですから・・・。

              しかし、買ってくださる方のために、中身にはこだわらねば!
              ・・・というわけで、CDを制作するのって
              録音したものを元に、ブックレットとともに製品にするまでに
              結構な労力と時間がかかるのですよね。
               ←旅先などで推敲していることも・・・。


              録音も、演奏のテイクそのものよりも、楽器の調整やポジション、
              マイクの位置、録音時の取り合えずの音質などを決めるのに
              あーでもない、こーでもない、と時間がかかることもシバシバ・・・。

              そんな時は「やめて〜!耳がおかしくなる〜!」
              と、私は逃げてしまいますが(笑)。

              全部、同じ自分の演奏の同じ箇所なのに、3種類も4種類もある
              音質の中から選べって言われても、好みの問題であることも多いので
              そういうときは人任せにして、私は隅でお茶を飲んでたりします。

              で、収録も無事終了、おおよその発売日が決まると
              製品にする作業が始まり・・・

              録音(及び編集済みマスターテープ)の検聴、
              う〜ん、これは鏡やスナップ写真を見るようで、私は私なのですから
              注文のつけようがありません。。。

              「あれ?もっといいテイクなかったっけ?たしか・・・。」
              とかいう類があれば、その曲だけ元々のテープを聴いたりしますが、
              「別にどれも大して変わらないねぇ。」なんて自分で笑っちゃって
              結局、時間だけ食って、気休めで終わってしまうことも(^_^;)

              要するに音に関しては、弾いてしまった後には私の出番は殆どナシと。。。

              問題はブックレットの曲目解説etc. なのです。
              自分が弾いた曲なのですから、その曲について今さら調べるなんて
              必要はないのですが(年号などは間違いのないように確認はしますが)
              限られた字数の中で要点を伝えるというのは、なかなか難しいものです。
              (長くてもよいのなら楽なんだケドな・・・。)

              レポートや専門書ではないので、あまり専門的になり過ぎてもいけないし、
              かといって、「エッセイみたいになるのは最も良くないよ。」
              と、著書多数の音楽学の大御所に、書く事前に言われたこともあり・・・

              「そんなことおっしゃるなら、先生が書いてくださいよぉっ!」
              と、その時は氏にスガったのですが
              「私が書いても、きっと貴女は気に入りませんよ、んふふ・・・!」
              と、笑い飛ばされてしまいました。
              名指しさせて頂いてもよいですよね・・・。→
              (山田 貢先生との2006年の共演、なつかしー。)

              でも、この先生の「んふふ・・・!」は妙に説得力がありました。

              解説者が「こうだ。」と確信しているとおりに
              演奏者が解釈し、演奏しているとは限りませんものね。

              ソリストの特権でもあるわけですから、解説も充実させなければ。。。

              まだまだ先、ではありますが「書かねば〜」の電源スイッチON!

                                          マイコ(・e・)

              posted by: koccomu | リリース情報 | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              プレイズ J.S.バッハ Vol.4
              0
                バッハのCD Vol.3 が発売になってから まだそれほど経っていませんが
                Vol.4 が来年7月、早ければ6月に発売になるようです。
                今度は「イタリア協奏曲」や「パルティータ第2番」など
                ポピュラーなものばかり。平均律1巻の第1番まで入ってますから
                「どうだ、マイッたか!」っていうくらいポピュラー路線です。

                そのイタリア協奏曲の出だしを動画で見ることができるんですよ。
                (画面、左に小さくいます・・・笑)
                これは山口県で弾いた時のものだったと・・・
                このチェンバロがとっても綺麗で
                「ヨシ、見劣りしないように」と絹のドレス(裾がフワフワ!)
                なんて持っていったら あら〜! 楽器の足の部分の装飾も見事で
                鍵盤の下にスカートの生地を納めて座るのがタイヘン!

                あのチェンバロ 男性用だったのかしら?(そんなバカな)

                幸い演奏には影響ありませんでしたが
                そのドレス、ホテルのクローゼットにしっかり忘れてきました。
                飛行機の中で気付いて「あーっっ!」と叫んでしまい。。。
                変なヤツって思われただろうなぁ(:_;)

                どうもCDから脱線しますね。
                でも「イタリア協奏曲」好きな方はお楽しみに(^.^)/~~~

                                           マイコ(・e・)


                posted by: koccomu | リリース情報 | 22:23 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                プレイズ J.S.バッハ VOL.3
                0
                  続きを読む >>
                  posted by: koccomu | リリース情報 | 01:37 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |